047-401-2614
新型乳酸菌BH504には強力なパワーがあります。
腸内細菌のバランスを無理なく調整し、免疫力を高めます。
 
HOME
お問合せ 
・サイトマップ 
・会社概要
・特定商取引法
 
・お買物利用案内
 
リンク

  新型乳酸菌の情報


免疫力(白血球の増加)を強化

新型乳酸菌の働き

免疫力の衰えは善玉菌の不足

便秘と排便で健康チェック


新型乳酸菌の働き

便秘が続くと

アトピーの原因は?

好転反応は調整反応

厳選した製品を紹介

店長:碓氷がご案内
■海外発送も承ってます
簡単カレンダー
★新型乳酸菌BH504の詳しい資料請求
FAX資料請求
   免疫力の衰えは腸内の善玉菌の不足が重大原因

免疫と腸内細薗との関係
近年、免疫について研究が進む中、最も注目されてきているのは、腸内細薗との関係についてです。私たちの腸には約100種類、100兆個もの細菌が住みついているといわれます。この腸内細菌が腸の粘膜を通して体の免疫のしくみを刺激し、さまざまな影響を与えていることが、最近の研究で明らかになってきたした。

免疫細胞
体の免疫を直接的に担っているのは、血液中の白血球に含まれているリンパ球や顆粒球、マクロファージ(大食細胞)などの免疫細胞です。免疫細胞は血液やリンパ節の中など全身に散らばっていますが、実は最も密集し、活躍している場所が腸なのです。

腸は毎日、大量の食べ物を受け入れ、消化しています。その内側の腸壁にはおびただしい数の絨毛と呼ばれる小さな突起があり、その表面積はテニスコート一面分にも相当します。

絨毛は食べ物からの栄養を吸収する働きをしているため、食べ物に病原菌が紛れ込んでいる場合、いつしょに吸収してしまう可能性も大きくなります。それに対抗するために、腸壁の粘膜には、パイエル板と呼ばれる特殊なリンパ節の組織があリ、有害な病原薗やウイルスなどの異物(抗原)を撃退する働きをしています。

パイエル板は、抗原が侵入してきたときにIgAという抗体(異物が侵入したときに、その害を防ぐために生まれる物質)を産出して全身に送り出します。その結果、さらなる抗原の侵入に備えることができ、病原菌などを徹底的に排除するのです。

腸内細菌の有益な働き(善玉菌と悪玉菌)
腸内に住みついている腸内細菌は、人間にとって有益な働きをする乳酸菌などの善玉菌と、有害な働きをする大薗などの悪玉菌に分けられま、そして、その善玉薗と悪玉菌が互いにバランスを保ちなが優劣を競い合っているのです。

腸内に善玉菌が優勢であれば、有害物質を作リ出す悪玉菌を退けるばかりか、腸壁から免疫細胞を刺激して、全身の免疫〃働きが正常になることがわかっています。つまり、現在では、腸は体内の免疫力を左右する最重要器官であり、その最重要器官である腸の善玉菌不足こそ、免疫力の衰えや低下を招く重大原因と考えられているのです。

アトピーやリウマチに悩む人は腸の善玉菌を増やすことが大切です。

※健康誌「わかさ」H15.4月号より抜粋

ご注文:お支払い方法・・・代引き・銀行振込・カード

新しくなりました
新型乳酸菌BH504


 ▼買い物カゴ注文 

新型乳酸菌 BH504(45包入)
  税込価格 53784円
お買得3箱セット
  税込価格 145216円
セット
カートを確認する

FAX注文