肝機能検査データの分かりやすい見方


047-401-2614
頑張る方に強い味方 美と健康のセレクトショップ
健康美肌・育毛、健康サプリメント、マッサージ器
6000円以上お買い上げ
送料・手数料無料
HOME
お問合せ 
・サイトマップ 
・会社概要
・特定商取引法
 
・お買物利用案内
 
リンク


掲載商品カテゴリー

健康サプリメント
八丈島あしたば
美容・美肌・ダイエット
育毛 マッサージチェア
浄水器アルカリイオン水
空気浄化クリーンヒータ
輸入調理家電


自宅でできるストレッチ
肥満症の食事療法

高血圧の食事療法
糖尿病の食事療法

厳選した製品を紹介

店長:碓氷がご案内
■海外発送も承ってます

簡単カレンダー

年間人気NO1
八丈島産
あしたばまるごと粒


600錠
項目 標準範囲 標準範囲外の場合に
疑われる異常
解説



8〜40(IU/l) <GOTが高い場合>
 ・心筋梗塞
 ・肝炎
 ・肝硬変
 ・筋ジストロフィー

<GPTが高い場合>
 ・肝炎
 ・脂肪肝

<GOTとGPTがともに高い場合>
 ◇GOT・GPTともに非常に多い
  →ピーク時には数千単位
  ・急性肝炎

 ◇GOTがGPTより高い
  ・肝硬変、肝臓がん

 ◇GPTがGOTより高い
  ・慢性肝炎、脂肪肝

GOT、GPTともに、アミノ酸の造成を促す酵素です。
GOTは、心臓に最も多く含まれ、ほか肝臓、骨格筋にも含まれます。
GPTは、ほとんど肝臓に含まれています。

新陳代謝により死んだ細胞中にあったGOT、GPTが血液中に流れ出すため、血中には常に一定量のGOT、GPTが含まれますが、肝臓や心臓の細胞が病気で壊されると大量のGOT、GPTが流れ出て、その値が大きくなります。

過激な運動をするとGOTが多くなります。

GOT、GPTの単位はかつてカルメン単位(KA)が主流でしたが、現在は国際単位(IU)が一般的になっています。



5〜35(IU/l)

γ



60(IU/l)未満  ・アルコール性肝障害
 ・急性肝炎
 ・肝臓がん
 ・膵炎
 ・閉塞性黄疸
γ−GTPとは、主に肝臓や腎臓、膵臓などに含まれる酵素です。
これらの臓器に障害があると血液中に流れてきます。
アルコール性肝障害に対し敏感に反応するため、アルコール性肝障害の予防、早期発見に有効な検査です。

一般的に女性の方が数値が低いです。
また、いつも酒を飲んでいる人は、しばらく酒を断っても高い数値となります。

アルコールを大量に飲むと肝臓の働きが低下し、中性脂肪が肝臓にたまるため、脂肪肝の原因になります。

γ-GTPだけが高いときは、アルコールが原因の肝障害かすい臓の病気(膵炎、すい臓がん)が考えられます。この場合には数日間禁酒した後に、再び検査をします。それでも、数値の低下が見られない場合は、肝臓かすい臓に障害がある可能性が高くなります。超音波検査やCT検査、アミラーゼ検査など、肝臓とすい臓の精密検査を行います。



100〜280(IU) <高い場合>
 ・急性肝炎
 ・慢性肝炎
 ・肝硬変
 ・胆道疾患

<低い場合>
 ・甲状腺機能低下症
 ・前立腺肥大症

ALP(アルカリフォスファターゼ)とは、リン酸化合物を分解する働きをする酵素です。

多くの臓器、器管に含まれ、これらの臓器に異常があれば血液中に漏れ出て数値が上昇します。

ただし、体内のあちらこちらに存在しているため、ALP値だけで異常の種類を特定することはできまでんので、GOT、GPTなど他の検査も同時に行って、併せて判断します。





 陰性(−)  ・急性肝炎
 ・慢性肝炎
 ・肝硬変
 ・肝臓がん
HBs抗原とは、血清中に存在するB型肝炎ウィルスのことです。

HBs抗原・抗体検査を行うことにより、B型肝炎ウィルスに感染しているかどうかを知ることができます。

検査で陽性(+)反応が認められても、発病に至らないキャリアは、国内に200〜300万人存在するといわれています。
キャリアはほかの人に感染させない配慮が必要になります。

肝炎の80%はウィルスによるもので、その半数以上はB型・C型肝炎ウィルスによるものです。



6.5〜8.2(g/dl) <高い場合>
 ・慢性肝炎
 ・肝硬変
 ・多発性骨髄腫
 ・脱水症状

<低い場合>
 ・肝硬変
 ・ネフローゼ症候群
 ・低蛋白血症
 ・消化吸収障害

総蛋白(TP)とは、血清中に含まれる100種類以上の蛋白質の総称です。

総蛋白のうち特に比率の高いものとして、アルブミンとグロブリンがあります。
アルブミンは肝臓でのみ、グロブリンは肝臓以外で、それぞれ作られます。

人体には血液中の蛋白量を一定に保とうとする働きがあるので、病気になっても、総蛋白量が大きく変化することは少ないです。
逆に言えば、わずかな変化が大きな異常に起因している可能性があります。





4.1〜5.1(g/dl) <高い場合>
 ・慢性肝炎
 ・肝硬変
 ・多発性骨髄腫
 ・脱水症状

<低い場合>
 ・肝硬変
 ・ネフローゼ症候群
 ・消化吸収障害

アルブミンとは、血液中の蛋白質の一つで、血液の水分を保持する働きをします。

アルブミンは肝臓でのみ作られるので、肝臓に異常があると値が減少します。



 1.5〜7
 
(クンケル法)
<TTTが高い場合>
 ・急性肝炎
 ・慢性肝炎
 ・肝硬変
 ・糖尿病
 ・膠原病

<ZTTが高い場合>
 ・急性肝炎
 ・慢性肝炎
 ・肝硬変
 ・肝臓がん
 ・膠原病

どちらも肝機能の検査法で、血清の成分に試薬を加え混濁の程度を判定する検査です。

血液中の蛋白質のうち特に比率の高いものとして、血液の水分を保持する働きをするアルブミンと、免疫機構で抗体の役割を果たすグロブリンがあります。
肝臓に異常があるとアルブミンが減り、グロブリンが増えます。

血清の混濁はグロブリン量に比例することから、混濁の程度で肝臓の状態を把握できます。



4〜12
 
(クンケル法)






0.2〜1.0(mg/dl) <高い場合>
 ・急性肝炎
 ・慢性肝炎
 ・肝硬変
 ・肝臓がん
 ・肝石
 ・溶血性黄疸
ビリルビン(T−Bil)とは、寿命が尽きた赤血球をもとに作られる黄色の色素で、血液中の量が多くなると皮膚が黄色くなり、黄疸が現れます。

黄疸が出る原因はほとんどが肝臓に異常のある場合で、このことから、この検査により黄疸が出る前に肝臓の異常を知ることができます。



50〜400(IU/l) <高い場合>
 ・急性肝炎
 ・心筋梗塞
 ・腎不全
 ・悪性貧血
 ・白血病
 ・リウマチ
 ・筋ジストロフィー
LDH(乳酸脱水素酵素)とは、糖分がエネルギーに変わる時に働く酵素の一種で、身体の中のあらゆる細胞に含まれています。
したがって臓器に異常があり、破壊されると血液中に流れ出て値が多くなります。

LDH値は変動しやすく、軽い運動でも上昇します。




 1.2〜2.0 ・慢性肝炎
 ・肝硬変
 ・膠原病
A/G比とは、血清蛋白成分の中で特に濃度が高い、アルブミンとグロブリンの比をとる検査です。
健康な状態でアルブミンとグロブリンの比は、おおむね、2:1です。

アルブミンは肝臓でのみ作られるため、肝臓の異常でアルブミンが減少すると、A/G比も小さくなります。





8〜16
 (ウォル・ゲームス法)
<高い場合>
 ・急性膵炎
 ・膵臓がん
 ・肝、胆道疾患
 ・腎不全

<低い場合>
 ・慢性膵炎
 ・肝硬変

アミラーゼとは、消化酵素のひとつで、澱粉などの糖分を分解する働きがあり、主に膵臓や唾液腺から分泌されます。

膵臓や膵管に障害があると、血液中に流れ出し、数値が上昇します。

通常、膵臓から分泌された酵素は、十二指腸内で活性化され消化酵素として働きますが、何らかの理由でこの酵素が膵臓内で活性化されると、膵臓自体が消化されることになり、激痛を伴う急性膵炎を起こします。
慢性膵炎は、主にアルコールの多飲に起因して発病します。









 0.8〜1.1
 (フェノールレッド法l)
<高い場合>
 ・ネフローゼ症候群
 ・脂肪肝
 ・甲状腺機能亢進症
 ・糖尿病

<低い場合>
 ・慢性肝炎
 ・肝硬変
 ・肝臓がん
 ・膠原病

コリンエステラーゼ(ChE)とは、肝臓でのみ作られる酵素で、肝臓の障害を把握するのに有効です。

数値は年齢とともに低下し、女性は男性よりも低い傾向にあります。



 200(GR)以下
 または
 25〜511(IU)
<高い場合>
 ・胆石
 ・肝炎
 ・胆管系のがん
LAP(ロイシン・アミノ・ペプチターゼ)とは、蛋白質分解酵素の一種で、肝臓や膵臓、胆道などに多く含まれています。
このため、LAP値は肝臓や胆道の病気発見の手がかりとなります。