好転反応にはいろんな説があります。特に医学的な根拠やデータがあるわけではな
いようですが、一般的に言われている症状や原因を紹介します。ご参考にして下さい。


047-401-2614
頑張る方に強い味方 美と健康のセレクトショップ
健康美肌・育毛、健康サプリメント、マッサージ器

6000円以上お買い上げ
送料・手数料無料
HOME
お問合せ 
・サイトマップ 
・会社概要
・特定商取引法
 
・お買物利用案内
 
リンク


掲載商品カテゴリー

健康サプリメント
八丈島あしたば
美容・美肌・ダイエット
育毛 マッサージチェア
浄水器アルカリイオン水
空気浄化クリーンヒータ
輸入調理家電


自宅でできるストレッチ
肥満症の食事療法

高血圧の食事療法
糖尿病の食事療法

厳選した製品を紹介

店長:碓氷がご案内
■海外発送も承ってます

簡単カレンダー

年間人気NO1
八丈島産
あしたばまるごと粒


600錠

高品質の大山アガリクス
スーパーゲル・難病対策に
免疫力の強化に
舌下吸収の大山アガリクスは抗がん剤など病気治療時の副作用緩和によく飲まれています
送料手数料無料

新型乳酸菌BH504
「ナノ型nEC」誕生」
免疫活性強化

抗がん治療などで弱った免疫力を副作用もなく強化します

53784円
送料手数料無料

新発売
オメガ3 (DPA+EPA+DHA)
オメガアルファ

販売価格12000円
(税込12960円)

送料手数料無料
一例:好転反応の症状
好転反応は調整反応で、一時的に次のような反応症状例と、原因例があげられます。
好転反応 原         因
頭が重い 低血圧だったため
下痢をした 代謝障害・慢性疾患だったため
便秘になった 下痢がちな体質だったため
下痢をして身体が温まった 冷え性だったため
あくびをしたり、眼がショボつく 糖尿病体質だったため
あちこちシビレてきた 薬(化学合成)の飲みすぎだったため
体質がガタガタ変わってきた 自律神経失調症だったため
朝、目覚めが良くなってきた 調整機能障害だったため
眠くてしょうがない 睡眠薬を使用していたため
疹ができはじめた アレルギー体質だったため
※一時的な反応で、これらの症状は多々複雑に反応を表します。

好転反応の段階
好転反応は次の3つの段階を進みます。
段   階 内         容
第1段階
症状は身体がゆるみ、なんとなくのんびりムードになり、長湯の後のような倦怠感があります。しかし、気持ちは爽快で心地よく、この状態を過ぎると熟睡ができ昼夜の関係なく眠くなります
第2段階
    過敏反応
弛緩反応が過ぎると、冬眠状態だった全ての機能や知覚が覚醒し皮膚の下側を水が流れるような感じや寒いような感じがするようになります。

これが過敏反応の表れで、発熱・下痢・発汗・または痛みを感じたり、急性病かと思われるような過敏な変化が起こります
第3段階
  
過敏反応が過ぎると、排泄反応がやってきます。

体内に宿った老廃物や悪いものが対外に排出される時期で、例えば神経系統に故障の有った人は、皮膚に変化が現れ、汗が多く出たり皮膚病のようになることが有り、発汗によって回復に向かう反応であることが自他ともに分かります。

このように各段階を経過して健康に向かう状態を「瞑眩現象」と言い、この好転反応に必ずぶつかることが好ましいのです。

症状には個人差があり、気がつかないうちにこの段階を経過する場合もありまが、アレルギー性の方、化学薬品の取りすぎの方が特に瞑眩現象が出やすいようです

二例:好転反応とは
良い方向へ転じる時、一時的に現れる反応を好転反応といいます。それらの変化反応は効果の現われで、症状が出てくるのを境にして体質は急速に好転していくので、慢性病もどんどん快方に向かいます。

好転反応が現れる人は、特に慢性の症状を持っている人に現われやすいといわれています。、今までの慢性病も快方に向かう好転反応です。

■好転反応は大別して下記の4種類に分けられます。

1.弛緩(しかん)反応
  (症状・・・だるい・ねむい・倦怠感など)


 今までの病的状態でいたある臓器が、本来の機能を回復し始めると、他の臓器は、その病的症状に合わせて活動し ていたので、一時的に各器官同士のアンバランス状態が起きます。すこし経つと安定していきます。

2.過敏反応
  (症状・・・便秘・下痢・痛み・はれ・発汗など)


 急性の症状が慢性となって、慢性の状態で安定しているとき、病気に対して強力な援助が加わると、慢性の前の急性 状態に一時的に戻ります。また、数カ所が悪いとき、胃、腸、肝臓と3つとも調子が悪い時は、一番悪い所の反応が出 始めて、一番目のものが治りかけると、次に悪い所が体に感じてくるというふうに、順序良く出てきます。(特にリウマ  チ、神経痛、痛風など)時間をかけて根気よくする必要があります。

3.排泄反応
  (症状・・・吹き出物・発疹・皮膚の変化・目ヤニ・尿の色の変化など)

 
 体の解毒作用の現われで、体内の老廃物毒素、疲労素を分解排泄するときに出る反応です。汗、尿、便、皮膚に反  応が現れます。

4.回復反応
  (症状・・・発熱・痛み・吐き気・腹痛・だるいなど)

 今まで、血行の悪かった所が改善され、うっ血していた汚れた血液が一時的に回り始めるときに現れます血液が浄化 され、血行が良くなるにつれて調子よくなります。

                                                  (日本医学美健資料より)