047-711-8166
皮膚科医師が開発した薬用育毛剤「黒誕彩エボリューション」
84%の患者に育毛・発毛効果がみられました。

黒誕彩の桑白皮エキスを使って、今日から育毛スタート 皮膚科医師が開発した発毛・薬用育毛剤「黒誕彩」

会社概 サイトマップ  特定商取引法 お買物利用案内 リンク 6000円以上送料無料

新発売:黒誕彩
Evolution
(エボリューション)

税込価格13,440円
容量:120ml
(標準使用量 約1ヶ月分)
「もう、育毛剤は効果がないとあきらめていませんか?」

84%の患者に改善効果が見られました
効能
効果
育毛、薄毛、かゆみ、ふけ、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、病後・産後の脱毛、養毛
主成分 容量:120ミリリットル(標準使用量 約1ヶ月分)
桐の葉エキス、ニンジンエキス、センブリ抽出リキッド、パントテニルエチルエーテル、グリチルリチン酸ジカリウム、ニコチン酸アミド、セファランチン、酵母エキス、カモミラエキス

【黒誕彩】を使用した脱毛症改善例

ご注文

黒誕彩使って、今日から育毛スタート
ヘアケアから生活全般にいたる、気をつけたいポイント
基本はシャンプー 髪の美しさを保つ基本はシャンプーです。髪の毛や頭皮は空気中の汚れをまともに受けるため、もっとも汚れやすい部分。しかも、10万本ともいわれる髪の毛の根元には皮脂腺というものがあり、常に皮脂を分泌しています。この皮脂と空気中の汚れとが混じり合って汚れの元凶である皮脂膜を作ります。これを放っておくと、皮脂腺の中で細菌が繁殖し、フケ症になったり、髪の成長を妨害したり、脱毛症になったりします。2〜3日に一回はシャンプーしましょう。
リンスで髪に潤いを シャンプーをすると髪の毛や頭皮の表面の脂分がとれすぎてしまい、外からの刺激や異物に対して無防備な状態になります。かならずリンスで適度な脂分を補ってください。髪や頭皮を刺激や異物から守り、髪にうるおいと光沢を与えます。なお、人によっては、シャンプー・リンスに含まれる界面活性剤、フケ止目め剤にとって皮膚障害を起こす場合があります。毎日洗髪しているのにフケが出るとか、かゆみが有るような場合は、シャンプー、リンスが粟合わないのかもしれません。
育毛剤は洗髪のあとで リンスと一緒に、または風呂上りに使うと、育毛剤が毛穴の奥深くまで浸透し、よりいっそう効果的です。育毛剤を使ったあとは、できれば頭皮のマッサージをして下さい。頭皮に緊張(つっぱり)を緩め、頭皮の血流がよくなります。マッサージのポイントあ、毛の薄い頭頂部をこすらないこと。そのためには、両側頭部の皮膚を指の腹で押し上げ、頭頂部の皮膚をゆるめるようにします。同様に、前頭部、後頭部の皮膚を押し上げます。
できればドライヤーを使わない 人の細胞は高温(特に40度以上)に弱いといわれています。髪のためを思えば、できればドライヤーは使わないほうがいいでしょう。ただ、長髪などで自然乾燥が難しい場合は、タオルで余分な水分をふき取ってから使います。ドライヤーを髪に近づけない、一箇所に集中させないよう注意しましょう。
ブラッシングにはマッサージ効果も ブラッシングには毛先のもつれをとるだけでなく、頭皮の汚れやフケをとったり、皮脂を毛先まで行き渡らせたり、ちょっとしたマッサージ効果も期待できます。ただ、ナイロンブラシは静電気による枝毛の原因になったり、頭皮を傷つけたりすることがあります。目の粗い木クシか獣毛ブラシを使ってください。
整髪料は育毛剤のあとで 整髪料には油性整髪料(ヘアオイルやポマード)、乳化整髪料(ヘアクリーム)、液体整髪料(ヘアリキッド)などいろいろあります。この他、泡状のムースタイプや霧状のミストタイプなどもありますが、いずれも髪にダメージを与えることはありません。育毛剤と併用する時は、育毛剤を先に使うようにしてください。
パーマと同時にヘアダイはダメ 髪の健康を考えるなら、パーマをかけないにこしたことはありません。冠婚葬祭などでどうしてもという時は、第一液と第二液のうち、第一液の濃度を薄くしてもらうと良いでしょう。一方、ヘアダイはパーマほど髪にダメージを与えません。ただし、パーマと両方を行う場合は髪への負担を軽くするため、別の日に行ってください。
夜更かしは髪の敵 午後11時から午前2時ころまでに人間のからだは新陳代謝がもっとも活発になり、血液が体中の細胞に行き渡ります。ところが、このときに起きて活動していると血液がからだの別の細胞に回され、髪の毛に十分に供給されません。こうした状況が長く続けば、当然、髪の毛に影響がでないはずがありません。
ワカメよりは良質のタンパク質を 「ワカメやコンブは髪にいい」といわれています。たしかに、これらに含まれるヨードが不足すると髪の毛のツヤがなくなりますが、必要以上に取って発毛が促されるというものでもありません。それよりも、髪の毛を作っているのはタンパク質ですから、大豆や魚など良質のタンパク質を毎日の食事でしっかりとりましょう。