オメガアルファは、オメガ3脂肪酸(DPA・DHA・EPA)が豊富な北極海のアザラシのハープシールオイル。
オメガアルファはオメガ3製品唯一の特許取得。安全なアザラシから抽出した豊富なオメガ3健康食品


047-401-2614
オメガアルファ(オメガ3系脂肪酸)DPA・DHA・EPAが豊富、物忘れ、体力の衰え、血管強化に
北極海のアザラシの健康成分ハープシールオイル「オメガアルファ」で血液サラサラ
■ご注文は インターネット FAX お電話(お電話の場合はウスイをご指名下さい)

 6,000円以上 送料・手数料無料(送料540円・代引き手数料324円合計864円無料)
6000円未満でも代引き手数料すべてサービス
 マイページとは、会員が登録情報の確認や変更、配送先住所の登録や編集などを行うページです。
HOME
お問合せ 
・サイトマップ 
・会社概要
・特定商取引法
 
・お買物利用案内
 
リンク


掲載商品カテゴリー

健康サプリメント
八丈島あしたば
美容・美肌・ダイエット
育毛 
浄水器アルカリイオン水


自宅でできるストレッチ
肥満症の食事療法

高血圧の食事療法
糖尿病の食事療法

厳選した製品を紹介

店長:碓氷がご案内
■海外発送も承ってます

簡単カレンダー

「オメガバイトDPAプラス」が新しくバージョンアップして「オメガアルファ」になりました。
日本国内での分子蒸留高度精製により純度・吸収力がさらにアップ

新発売
オメガ3 (DPA+EPA+DHA)
たっぷりの
オメガアルファ
オメガ3(DPA・DHA・EPAの不飽和脂肪酸サプリメント)がたっぷりのアザラシの油・ハープシールオイル
12000円(税込12960円)
  栄養成分表示

オメガ3不飽和脂肪酸サプリメント
オメガアルファ
DPA+EPA+DHA
(82.2g:1粒460mg×180粒)
NPO法人「代替医療研究機構」
認証製品(認証NO000011)
代替医療研究機構
(一日に5〜8粒を目安)
カード決済もOK  ▼FAX注文
 WHO世界保健機関がオメガ3の積極的摂取を推奨

オメガ3製品唯一の特許取得
「オメガアルファ」
[血管新生抑制剤]として特許取得[特許番号No.3917825]

オメガ3(DPA・DHA・EPAの不飽和脂肪酸サプリメント)がたっぷりのアザラシの油・ハープシールオイル
オメガ3(DPA・DHA・EPAの不飽和脂肪酸サプリメント)がたっぷりのアザラシの油・ハープシールオイル
血液をサラサラに、血管を丈夫に保ち、頭の回転をアップする。
DPAはEPAの10倍も動脈硬化などの予防効果があります。
DPA(ドコサペンタ塩酸)  サラサラパワーはEPAの10倍以上。
                   〜DPAを多く含むシールオイルの優れた働き〜
●傷ついた血管壁を修復する働き
●魚油より高い中性脂肪を減少させる作用
●高いコレステロール血症を改善
●アルツハイマー病の予防
●悪い部分への栄養補給の経路が作られるのを抑制する

動脈硬化の予防作用が非常に大きく、「血管内皮細胞の遊走能を高める作用(動脈硬化予防指標の一つ)」はEPAの10倍以上と確認されています。また、「血管新生の抑制作用」も確認されています。
血管新生とは、すでにある血管から良い細胞にも悪い細胞にも新しい血管が伸びるもので、血管新生を抑制することはガンの治療や、糖尿病性網膜症など種々の疾患予防にるながると期待されています。
EPA(エイコサペンタ塩酸)

●血液の流れをサポートするオメガ3系脂肪酸
血液中の余分な脂肪を減らし血管のお掃除役!
●健やかな血管を保つことで心筋梗塞や脳血栓などの動脈硬化 の改善に力を発揮。体内の血液の流れを柔らかくし、しなやかに し健康維持に役立っています。血圧降下作用や中性脂肪を低下 させる働きも備えています。
DHA(ドコサヘキサエン酸)

●回転や冴えをサポーtpする「オメガ3」系脂肪酸
記憶力・集中力の維持・リラックスにも
●「脳に多く存在する」成分で、傷ついた神経細胞を修復し、生き残った神経細胞の発育を促します。
●情報伝達をスヌーズにし、はっきり・しっかりとした思考に導きます。

オメガ3の不足が原因とされるもの
【脳梗塞】 【心筋梗塞】 【うつ病】 【認知症】 【記憶障害】 【学習障害】
【老化促進】 【痴呆】 【アレルギー】 【肌荒れ】 【精力減退】 【眼精疲労】
【視力低下】 【肥満】 【糖尿病】 【代謝不全】などが報告されています。

さらに、最近の研究によると 【いじめ】 【自殺】 【親子殺人】 【凶悪犯罪】 などの異常な行動の増加傾向にもオメガ3の不足による脳の機能障害が深く関係しているという興味深い臨床調査結果あ米国や英国から数多く報告され関係機関が強い関心を示しています。


物忘れ(老化現象)が多くなったなと感じたら、
今から、すぐ、オメガ3たっぷりの「オメガアルファ」をお試し下さい。若返り効果が体のあちこちですぐ実感できます。物忘れ・ボケ・心筋梗塞・脳梗塞・中性脂肪・高脂血症・糖尿病などが気になる方におすすめします。

DHA・EPA・DPAの多彩な健康機能

中高年の方の血管は欧米化した食生活で非常にもろくなっています。脳梗塞や血圧の高めの方の病気予防に毎日摂取することをおすすめします。DPAはもろくなった血管を修復することが研究で分かってきました。

現代医学では100%不可能といわれる「血管壁の傷を修復する機能」をもつ「DPA」も「オメガ3不飽和脂肪酸」で、この成分は青魚を主食としているアザラシなどにしか含まれず、「DHA」や「EPA」の10倍の作用をするといわれている注目の貴重な成分です。

北極海の安全なアザラシより抽出したDPAが現代人のボロボロの血管を修復し、血流を正常化、若々しい体にします。カナダでは日常的に健康のため飲まれています。

オメガ3製品唯一の特許取得 【血管新生抑制剤】特許番号 No.3917825

独自オメガ3成分DPAを豊富に含んでいます。
オメガ3製品唯一の特許取得:オメガアルファの主原料であるシールオイルは、日本国内で分子蒸留高度精製加工をして おり、安全性の高い、高純度のオメガ3製品です。カナダで粗精製された原油を日本国内 で高度に精製しています。

この精製工程では、ほぼ真空近くまで圧力を下げることで不純物を取り除く、「分子蒸留 」と呼ばれる特別な手法を採用しています。こうして得られたクリーンな油をさらに精製 して製品化しています。

血流を穏やかに
シールオイルの独自成分DPAは、魚由来のDHA・EPAに比べ、10倍以上の作用があると言 われています。野菜も育たない北極圏で暮らすイヌイットの人々が、肉食主体の食生活に もかかわらず、生活習慣病とは無縁である理由はシールオイルであったと様々な研究機関 が発表しています。食生活改善のためWHOや厚生労働省もオメガ3の摂取を推奨。オメガ アルファは、まさに現代人の健康維持の鍵なのです。



オメガ3詳しい資料コーナー

アザラシのシールオイルには、DPA・EPA・DHAがたっぷり
イヌイットの健康が立証した「オメガ3シールオイル」の驚異の若返り・健康増進パワー

イヌイット民族にはガンや生活習慣病の発症率が極端に少ないことで知られています。北極圏に生息する純度の高いオメガ3不飽和脂肪酸を豊富に含むアザラシを常食してきたことが、その理由であることも研究によって明らかになっています。

「オメガアルファ」はカナダ政府が管理するアザラシより採取されたシールオイルを日本国内で精製製造された高品位な栄養補助食品です。

現在、「オメガアルファ」に含まれるオメガ3不飽和脂肪酸であるDPA(ドコサペンタエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)の健康効果が世界的に注目を集めています。特にシールオイルと、ごく一部の鯨油だけに含まれるDPAは、EPAやDHAの10倍以上の作用をするといわれる注目の成分で、現在、様々な研究がすすめられています。

オメガアルファ
DPA+(EPA+DHA)

オメガ3不飽和脂肪酸「オメガバイト」
物忘れのメカニズム

健康長寿のシールオイル

グリーンランドに住む
イヌイットの健康法


血液がドロドロになると悪いのか?

今、話題の「オメガ3」とは?

DHA・EPA・DPA
の多彩な健康機能


肝機能検査データ見方

好転反応は調整反応

年齢と免疫力の関係

重要な必須アミノ酸と必須元素

健康食品の表示内容の見方


「オメガ3」の積極的摂取が生活習慣病予防の有力な手段
代替医療研究機構は各領域の現役の医師らで構成する医療研究機関です。このたび、厳格な調査の結果「オメガバイト」の品質を「認証」



2人に1人がメタボリックシンドロームを指摘されるほど我国も肥満が社会問題化するようになりました。肥満は見た目だけでなく、多くの生活習慣病の元凶であることは承知の通りであります。

肥満と病気に深い関わりを持つ食生活の欧米化によって「オメガ3不飽和脂肪酸」という必須栄養素の摂取量が極端に減少しています。「オメガ3」の不足が生活習慣病の重大な原因であることは世界中の研究によって証明されています。

「オメガ3」の積極的な摂取が生活習慣病予防の有力な手段であることは医学的見地からも間違いありません。さらに「オメガ3」の生理活性作用は私たちが若々しく元気で生活していく上で、とても大切な働きをします。

代替医療研究機構は各領域の現役の医師らで構成する医療研究機関です。このたび、厳格な調査の結果「オメガバイト」の品質を「認証」しました。現在、「オメガバイト」の有効性に関する臨床調査を進めています。

※メタボリックシンドローム・・・不規則な食生活や運動不足などが積み重なった結果、体の中に必要以上の脂肪をため、健康上に問題がある状態。日本人の40歳以上では男性の2人に1人。女性では5人に1人。「強く疑われる者」と「予備軍」で1960万人(H16厚生労働省発表)
【オメガ3が不足すると?】

■最近よく話題になるオメガ3とは
牛肉や豚肉などの動物性脂肪(飽和脂肪酸)やコーン油やオリーブ油などの植物油は体内でエネルギーとして働きます。しかし、とりすぎると老化、肥満、ガン、心臓病などの原因になることから「悪玉脂肪」とも呼ばれています。

一方、青魚などに含まれる脂肪(オメガ3)は体内でホルモンとなって心身を若返らせ、生体機能を活性化することから「善玉脂肪」と呼ばれています。

近年、世界中の研究者によって脂肪と生活習慣病の因果関係が解明され、オメガ3の持つ驚くべき薬理作用に医療界も注目しています。

特にオメガ3のなかでもシール(海獣・・・アザラシなど)オイルに含まれるDPA(ドコサペンタエン酸)は他のオメガ3(DHA、EPAなど)をはるかにしのぐ働きを持つ成分として注目されており更に研究が進められています。

■オメガ3が不足すると
オメガ3は体内のすべてに存在していますが、特に脳や生殖器といった生命維持に重要な臓器に多く存在しています。
しかし、残念なことにオメガ3は加齢とともに減少し、さらに体内では作ることが出来ません。オメガ3が不足すると生命維持機能をはじめ、あらゆる生理機能に大きな障害が出てきます。

健康長寿のシールオイル
WHO世界保健機関がオメガ3の積極的摂取を推奨

わが国は食生活の欧米化と共にガン・心臓病などの生活習慣病の急増という結果を招いてしまいました。その大きな原因に必須脂肪酸が深く関わっていることが20年前からの研究で明らかになりました。

必須脂肪酸には大別して、「オメガ3」と「オメガ6」と呼ばれる不飽和脂肪酸があり、その摂取のバランスは1:1が理想とされていますが、欧米食に由来する私たちの日常食には「オメガ6」が大量に使用され、そのアンバランスが肥満や生活習慣病の原因になっていろことが判明しました。

さらに、不足している「オメガ3」には生活習慣病を撲滅する驚異的なパワーがありことが世界中の研究者によって続々と解明されています。現在、WHOの世界保健機関をはじめ各国の公的な健康保険機関が「オメガ3」の積極的な摂取を呼びかけています。

オメガ3の驚異のパワー
私たちが日常摂取している動物性脂肪やコーン油やひまわり油で有名な植物油(リノール酸)は「オメガ6」と呼ばれ体内でエネルギーとして働きます。摂り過ぎると肥満や生活習慣病の原因となるため「悪玉脂肪」と呼ばれています。

一方、青魚やアザラシに含まれる油は「善玉脂肪」と呼ばれ、「オメガ3」を大量に含んでいます。「オメガ3」は体内でエネルギー代謝(肥満解消)各機能に作用するホルモンになり「生理活性物質」として身体を構成する60兆個の細胞を活性する素晴らしい働きをします。
「オメガ3」の「若返り効果」「生活習慣病の予防改善効果」は現在、最も有効な代替療法として世界中の医療界が注目しています。

オメガ3は高品質なサプリメントで摂る方が、安全で確実です
残念なことに「オメガ3」は年齢と共に体内から減少し、体内で作ることも蓄えることもできません。従って、毎日食事から摂取する必要があります。

ところが深刻な海洋汚染の問題で良質な「オメガ3」を魚から安全に摂取することは困難になりつつあります。また、煩雑化する生活の中で毎日魚を食べることを強いられるのも、ストレスになりかねません。

カナダ政府の管理下にある北極圏で採取されたアザラシから精製された高品質なサプリメント(オメガバイト)を利用することが最も理想的です。

■なぜ血液がドロドロになると悪いのか?
私たちの体には外から取り込まれた有害物や体に不要なもの(食品添加物・有害重金属・残留農薬・余分な脂肪分など)を肝臓で解毒してから血液を通って腸や腎臓から対外に排出します。

しかし、体の調子が悪かったり、大量の毒素が体内に入ると、肝臓で解毒できなくなり体内に蓄積されます。また分解しきれない脂肪やタンパク質が未消化のまま血液に流れ込むので「血液をドロドロ」にします。

このドロドロ状態の血液は栄養分を運ぶ能力も老廃物を受け入れる能力も低下するため、体力の低下、血行不良による冷え、肩こり、腰痛、肌のくすみなどさまざまなトラブルを引き起こします。オメガバイトがこれらの障害を改善します。

こんなことが気になる
●外食や弁当が多く、食生活が気になる・・・
●生活習慣病がきになる・・・
●肥満(メタボリックシンドローム)を解消したい・・・
●最近「目・肌・体力」の衰えを感じる・・・
●朝起きても疲れがとれない・・・
こんな方におすすめです
・学力アップしたいお子様
・記憶力の低下が気になる方
・高血圧や動脈硬化が気になる方
・アレルギーが気になる方
・食生活の乱れ、中性脂肪が気になる方
・視力低下を気にしている方
・甘い物が好き、肥満気味の方
・疲れが取れない方
その他にも以下のような悩みのある方におすすめいたします。

【脳梗塞】【心筋梗塞】【鬱病】【認知症】
【記憶障害】【学習障害】【老化促進】
【痴呆】【アレルギー】【肌荒れ】
【精力減退】【眼精疲労】【視力低下】
【肥満】【糖尿病】【代謝不全】


■今、話題の「オメガ3」とは?「オメガ3」という言葉を聞いたことがありますか?

「オメガ3」は正式には「オメガ3不飽和脂肪酸」といい、体にとって良い脂肪=油の総称で、青魚などに含まれている栄養素です。人間の体内で作ることが出来ないため、必須脂肪酸とも呼ばれています。

「オメガ3脂肪酸」は主に魚に含まれている成分で、頭が良くなる栄養素といわれる「DHA」や同じく魚に含まれ血液がサラサラになるといわれる「EPA」などはご存知の方もいらっしゃると思います。

さらに現代医学では100%不可能といわれる「血管壁の傷を修復する機能をもつ「DPA」も「オメガ3不飽和脂肪酸」で、この成分は青魚を主食としているアザラシなどにしか含まれず、「DHA」や「EPA」の10倍の作用をするといわれている注目の貴重な成分です。

WHO(世界保健機関)をはじめとするさまざまな公的保健機関が生活習慣病や肥満(メタボリックシンドローム)対策として、「オメガ3」の積極的な摂取を呼びかけています。

■厳寒の地、グリーンランドに住むイヌイット達にとって、アザラシは生活に欠かせない必需品

厳寒の地、住むイヌイット達(エスキモー:生肉を食す人)にとって、アザラシは生活に欠かせない必需品となっています。
アザラシは6000年も前から主食として摂り、皮は衣類に、油は明かりの燃料に利用されてきました。

世界的に知られるデンマーク人のダイアベルグ博士による疫学調査結果で、グリーンランドに住むイヌイットの食生活はアザラシの肉が中心で、野菜や果物をほとんど摂らないにもかかわらず、高齢まで健康な人の割合がデンマーク人に比べ多かった。

その理由のひとつが血液中の豊富なEPA量。EPAを豊富に含む青魚をエサとするアザラシを食べることで、イヌイットは間接的に多くのEPAを摂取していました。その結果、イヌイットのほうが動脈硬化や心筋梗塞などの心血管系疾患にかかりにくいという報告が出ています。

日本では戦前の魚中心の食生活が、戦後、生活の欧米化によってEPAの消費量も激減。1950年代のピーク時と比べ、現在では半分以下にまで低下しました。

優れた「不飽和脂肪酸」
その秘密はイヌイット達が主食とするアザラシの油でした。このオイルには「DPA」(ドコサペンタエン酸)というオメガ3(n-3系)の優れた不飽和脂肪酸がたくさん含まれています。

DPA(ドコサペンタエン酸)とはアザラシやクジラなどの海洋哺乳類の脂質に多く含まれる多価不飽和脂肪酸です。多価不飽和脂肪酸は水素との二重結合が構造上どの位置にあるかによりオメガ6(n-6系)とオメガ3(n-3系)に分類され、n-6系にはリノール酸系のベニバナ油、コーン油などがあります。またn-3系にはα-リノレン酸系の魚油(EPA、DHA)、シソ油などがあります。

DHAの1/10で効果的オメガ3(n-3系)脂肪酸であるEPAやDHAは、すでに心血管系疾患や動脈硬化、脳機能の改善に優れた作用を示すことが良く知られていますが、DPAもこれらと同系で、最近の研究ではEPAの10分の1の量(10倍)でEPAと同等以上の効果が認められるということが報告されています。

※DPAはアザラシなど海獣(英語でSeal)と呼ばれる哺乳類の脂質に多く含まれ、魚には少ししか含まれていません。
■イヌイットの健康が立証した「オメガ3シールオイル」の驚異の若返り・健康増進パワー

シールオイルの独自成分DPAは、魚由来のDHA・EPAに比べ、10倍以上の作用があると言 われています。野菜も育たない北極圏で暮らすイヌイットの人々が、肉食主体の食生活に もかかわらず、生活習慣病とは無縁である理由はシールオイルであったと様々な研究機関 が発表しています。食生活改善のためWHOや厚生労働省もオメガ3の摂取を推奨。オメガ アルファは、まさに現代人の健康維持の鍵なのです。

イヌイット民族にはガンや生活習慣病の発症率が極端に少ないことで知られています。北極圏に生息する純度の高いオメガ3不飽和脂肪酸を豊富に含むアザラシを常食してきたことが、その理由であることも研究によって明らかになっています。

「オメガバイト」はカナダ政府が管理するアザラシより採取されたシールオイルを厳密な管理の下にカナダの工場で精製製造された高品位な栄養補助食品です。

現在、「オメガバイト」に含まれるオメガ3不飽和脂肪酸であるDPA(ドコサペンタエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)の健康効果が世界的に注目を集めています。特にシールオイルと、ごく一部の鯨油だけに含まれるDPAは、EPAやDHAの10倍以上の作用をするといわれる注目の成分で、現在、様々な研究がすすめられています。


■DHA EPA DPAの多彩な健康機能
DHA、EPA、DPAは魚特有の栄養成分で牛豚、野菜、果物からは直接摂取できません


●心血管系疾患の予防効果

魚介類やシールオイルを摂取すると、DHA、EPA、DPAの生理作用により血栓ができにくくなる。これらの成分は赤血球の変形能を高める作用があり、毛細血管のすみずみまで血行がゆきわたり、血圧を軽度に下げる作用と血管を修復する作用があり、心筋梗塞などの予防が可能となります。

●動脈硬化の改善効果
一般に動脈硬化は20代から始まり加齢とともに進行します。動脈硬化促進因子はコレステロール、中性脂肪をはじめ高血圧も密接に関わっています。またタバコやアルコールの過飲、ストレスなども関係します。動脈硬化が脳動脈に生じれば、脳梗塞、痴呆、老人ボケ、冠動脈に生じれば心筋梗塞。腎動脈に生じれば透析が必要な腎臓病などの病気になります。

●脳の発達と脳機能の維持向上
妊婦がDHAを摂取すると妊婦の血液中に増えたDHAが胎盤を通過して胎児の脳に到達し、脳の発達を高めることが明らかにされています。アルツハイマー型痴呆症の人は脳の海馬のリン脂質中の高度不飽和脂肪酸が低くなることが分かっており、患者にDHAを一年間投与して臨床試験では全員になんらかの痴呆度の改善が認められています。

●視覚機能の改善
眼球の網膜のリン脂質中にはDHAが豊富に含まれ、視覚機能と深く関係していることが知られています。まだ不明な点が多いですが、眼によい影響を及ぼすことは確かです。

●抗腫瘍作用
●抗炎症作用
・・・アレルギー性の炎症の軽減など
          ・・・医学博士 鈴木平光著「夢の薬効食品 シールオイル」より一部抜粋
               詳しくは下記に掲載した文献をご覧になって下さい。
<参考文献>
★生活習慣病に素早く効く!


「夢の薬効食品 シールオイル」
健康新聞社
OMEGA3 SEAL OIL  DPA+EPA+DHA
●動脈硬化 ●がん ●虚血性心疾患 ●糖尿病 ●脳血管障害 ●脳機能低下 ●高脂血症 ●視力低下 ●高血圧 ●肥満
カナダ政府が本格的に取り組んだ海獣・シールオイルの薬効 現代人の「救命薬」誕生!農林水産省食品総合研究所 食品機能部 機能生理研究室長  医学博士 鈴木平光

■物忘れのメカニズム

物忘れが激しくなったり、人名や物の置き場所を忘れるようなことは、誰にでも経験があると思います。これは誰にもある生理的な老化現象によるものです。年を経ると共に神経の伝達機能が衰えてくるからです。人間の脳細胞は約140億個といわれていますが、40歳位を境に1日に5万から10万個の脳細胞が死滅すると思われています。

年とともに物忘れが多くなるのも仕方が無い面があります。しかし、物忘れといっても判断力や思考力はしっかりしていて、日常生活には何の支障もない健忘と老人性痴呆では、全くその性質が異なります。老人性痴呆のは、「今日が何日なのか」という日時の判断や、「今、自分がどこにいるのか」の場所がわからないなどの障害が現れてくるのが特徴です。

■老人性痴呆の場合は要注意です
老人性痴呆症は、放置しておくと進行が早くなるので、早急に専門家(脳外科)の診察を受けた方が安心です。

老人性痴呆には二種類があります。
一番目は、脳の神経細胞を養う末端の毛細血管が詰まり、さらに、その先の脳細胞が死滅することで脳の働きが低下してしまう、脳血管性痴呆です。脳血管性痴呆の場合は症状が段階的に進み、脳の働きが、ある部分では非常にしっかりしているなど、痴呆がまだら状にあらわれます。

二番目はに、脳全体の萎縮によって起こるアルツハイマー型痴呆です。アルツハイマー型痴呆は症状がなだらかに進行していくのが特徴で、すぐに専門家のいる病院で診察を受けて下さい。

この両方が併発する場合もありますので、ご心配の方は病院で診察を受けてみてください。


栄養成分表示
商品名 オメガアルファ
内容量 82.2g(460mg×180粒)約一か月分
原材料 ハープシールオイル(酸化防止剤、ビタミンE・カテキン)
/ビタミンE、ゼラチン、グリセリン
価格 価格12000円(税込12960円)
6粒(2.76g)
あたり
エネルギー 19.65Kcal
炭水化物 0.173g
タンパク質 0.725g
脂質 1.783g
DPA(ドコサペンタエン酸) 57.6mg
DHA(ドコサヘキサエン酸) 124.2mg
EPA(エイコサペンタエン酸) 91.8126mg
ビタミンE(αトコフェロール) 71.1mg
(財)日本食品分析センター調べ
お召し上がり方 1日6粒ぐらいを目安に水などと一緒にお召し上がりください。
▼買物カゴ注文
新発売
オメガ3 (DPA+EPA+DHA)
オメガアルファ

12000円(税込12960円)
●オメガアルファ(単品)
           税込価格 12960円
お買得3本セット 税込価格 34992円
セット
お買得6本セット 税込価格 66096円
セット
カートを確認する

新橋健康館(お支払い・配送)について
■お支払いについて
代金引替・各種クレジットカード・銀行振込がご使用になれます。



代金
引換
銀行
振込

■送料について
6000円以上のご注文は送料無料
送料手数料は合計お買上金額5,250円(税込)以上はサービス。
※沖縄・島嶼地域は別途1,050円(税込)が必要。
■発送について
代引き・クレジット決済は、原則としてご注文の 翌々営業日までに発送致します。銀行振込は、ご入金確認後の発送になります。
現在、営業時間の午後3時までにご注文いただければ、(極力当日発送致します、ただし、在庫切れ等の場合もありますのであらかじめご了承下さい。
■配送について
配送は西野運輸(カンガルー便)です。
★出荷済み荷物の配達状況検索(西濃運輸)お問合せ番号を入力するだけで分かります。

■お届け日数の目安
・本州地域は翌日配達。
・北海道・九州・四国地域は翌々日配達。
・沖縄・島嶼地域はさらに数日かかります。
※一部大型商品については 沖縄・島嶼地域で追加配送料金がかかる場合があります。受注後にメールでご連絡いたします。

■返品・交換について
商品の品質については万全を期しておりますが、万一商品が破損・汚損していた場合、またはご注文と異なる場合、一週間以内にご連絡いただければ、送料弊社負担にて交換、返品を承ります。
■エイコー産業代理店:新橋健康館
(H27.9.15より港区新橋より移転しました)
〒273-0021
千葉県船橋市海神6−5−40
TEL:047−401−2614
FAX:047−401−2614
運営責任者  碓氷(うすい)純二
メールでのお問合せはこちら
携帯 090−4228−0633
土日祝日のメール対応はお休みとなります。
お問合せはこちらお電話は月〜金曜 9:00〜16:00
※インターネット担当とお申し付け下さい
■お客様情報厳守
当サイトにおいて、ご入力いただきました個人情報は、行政・司法機関などから法的な要請を受けた場合はこの限りではございません。各種調査に利用したり、第三者に使用させたりすることは、一切ございません。